ちゃあしゅう屋の歴史

  • HOME
  • ちゃあしゅう屋の歴史

ちゃあしゅう屋の歴史

ちゃあしゅう屋の歴史

創業当時から変わらない味を皆様に

ずっと守り続けてきた格別の美味しさ…。
それが「ちゃあしゅう屋」が誇るチャーシューの魅力です。
多くの方に愛される当店自慢のチャーシューは全4種。
自社工場でひとつひとつ丁寧に、時間と手間暇をかけて製造しています。

ラーメンの主役とも言えるチャーシューに惚れ込み、試行錯誤の末たどり着いたこの味は、ありがたいことに今ではファンになってくださる方も多数。
茨城や栃木、埼玉の関東圏と、福島や宮城の東北地方で構える各店舗で、または通販でご購入可能です。
是非その至極の味わいをご堪能ください!

洋食屋のコックからチャーシューをメインとしたラーメン屋「ちゃあしゅう屋」オープンまでの道のり

洋食屋のコックとして

元々東京にある洋食屋のコックとして、腕を振るっていた当社社長「古徳 勉」。
その後、屋台でラーメン店を始め、当時はまだ珍しかった創作ラーメンをご提供していました。
そこで芽生えたのが、チャーシューに特化したラーメンを作りたいという想い…。

しかし、やわらかくて冷めても美味しいチャーシューを作り上げることは至難の業でした。
試行錯誤の末、ビーフシチューのレシピからヒントを得た調理工程で、分厚くてもやわらかい、厚切りチャーシューを作ることについに成功。
今まで洋食の分野で培ってきた経験を活かせたのです。

その後、いくつかの店舗を展開。
そしてチャーシューをメインとしたラーメン屋「ちゃあしゅう屋」をオープンしました。


そして生まれた4種類のチャーシュー

なんと現在では、味・食感が異なる4種ものチャーシューを製造するまでになりました。
チャーシューそれぞれで、上質な「アンデス高原豚」と「とうもろこし豚」のバラ肉と肩ロース肉を使い分け、調理工程や味付けを変えるなど、美味しさを追求しています。
心を込めて丁寧に、じっくり時間をかけてやっとでき上がるチャーシューは、どれも絶品。
各店舗でお召し上がりいただけるのはもちろん、オンラインショップでも販売しています。

厚切りちゃあしゅう

トロっとちゃあしゅう

元祖炭火焼ちゃあしゅう

香ばしい焼豚

お問い合わせ

ちゃあしゅう屋への
お問い合わせはこちらから。
ご不明な点やご質問などございましたら、お気軽にご連絡ください。

〒311-4152
茨城県水戸市河和田1-1509-2

029-254-5919

029-254-5919

お問い合わせはこちらから